メディカルパペット劇場「おじいちゃんが、見けたもの」

プロローグ

動画を見る〈予告編〉

あらすじ

東京の片隅で、一匹の猫と暮らす「おじいちゃん」佐野清司さん。
前立腺がんを患った彼は、手術によって前立腺を摘出しました。

その後、離れて暮らしながらも自分を案じている息子家族、
そして亡き妻と飼い猫に囲まれながら、
検査による経過観察を受けつつ、穏やかな日常を過ごしていました。

しかし、手術から一年が経ったある日のこと。
体の異変を機に、清司はある決断を迫られます。
その先に、彼は何を「見つける」のでしょうか――。

動画一覧

登場人物

佐野 清司(さの せいじ)

本編の主人公。定年退職をして、猫のコタロウと一人暮らしをしている。趣味は昔の仕事仲間と行くゴルフ。いつもカッコつけているが、実は小心者。甘いものに目がない。3年前に前立腺がんを発症し、手術によって治療し、今は経過観察中。

ドクター

メディカルパペット劇場の案内人。腫瘍内科医。
清司の主治医で、劇場から清司のストーリーを紹介する。

佐野 昭太郎(さの しょうたろう)

清司の息子。大手IT会社勤務。清司とあまり折り合いがよくないが、陰では人一倍、父親のことを心配している。仕事柄、インターネットで情報を集めるのはお手の物。

佐野 真由美(さの まゆみ)

昭太郎の妻、結衣の母。2年前までアパレル関係の仕事に就いていたが、今は専業主婦。テレビドラマが大好き。

佐野 結衣(さの ゆい)

昭太郎の娘。清司にとっては目の中に入れても痛くない孫。おじいちゃんっ子。

佐野 静子(さの しずこ)

清司の妻。10年前に交通事故で亡くなっている。見栄を張りがちな清司をうまく支えてあげていた。コタロウを拾って来たのも彼女。

コタロウ(雑種)

清司の飼い猫。10年前に静子がひろってきた。今では清司のちょっとした癒やしになっている。

武中さん(たけなか)

清司の知り合い。清司と同じく前立腺がんにかかり、放射線治療、ホルモン療法を経験している。ピアサポートの活動に熱心。

最終更新日:2015年10月23日